最愛の自分と恋に落ちる

愛とエロスについて感じていることをつづります。

SM初♡体験1

前回の記事、これ↓

mayumi-diary.hatenablog.com

 

自分の溢れ出るものを書いたつもりなのに、なんかしっくりこなくて、

自分とお話してみたら、オブラートに包みすぎ。

もっと本当のこと書けっていう声が聞こえてきた。

 

はぁぁぁぁぁ

ホンマのこというとーーーーー 

実はあの夜、SMプレイも経験してしまいました💖

 

で、びっくりするくらい甘くって、とろけるような経験やったから

自分用の官能小説書こうって思っていたら

全部、ブログで記事を書いてリアルにシェアした方が、絶対いいって

またまた自分からの声。。。。

 

いや、もう恥ずかしすぎて、いくら私でも無理。

でもね、どっかで見られたい願望あるの。変態やね。

すぐ消すかもしれないけどとりあえず書くよ!

 

実はみんなで飲んでるときに、彼がどんなふうにSMの世界に入ってしまったかのお話を聞いてる時点で

体が濡れてきてやばくって、

彼のお話は席が遠くて50%くらいしかちゃんと聞き取れないにも関わらず、

この人めっちゃ生きてる感じ!っていうエネルギーにぐいぐい惹かれてしまって、

自分の中から「この人に縛られたい」ってキュンキュンして、

おま☆こも心ももうやばかった。

 

私は人間にそんな思いを抱いたのも初めての経験やし、

「この人に縛られたい」ってはぁ?みたいな

全く意味不明やってん。

 

帰るときに、ホテル行こって誘われたとき

さすがに今日会って今日ヤルはないと思って

「今日はやめとく」

って言ったら

「別にセッ クスせんでもいいから、話したいから歩こう」

ってサラって言われて

めちゃめちゃほっとしたん。

この人のこともっと知りたいってめちゃ思ったから

一緒にいれて嬉しい💖

セッ クスしなあかんプレッシャーもないし、

わーいってヾ(*´∀`*)ノ

 

今思えばこの時点で彼は相手のことを感じて、しゃべることがめちゃ自然にできる人やねんな。

 

結局、「セッ クスせんでもいいから、話したいから歩こう」って、

その言葉に私はすっごく安全なふわふわの毛布に包まれてるような感覚を感じて、

緊張がとけて、

その時点でこの人に抱かれたいって全身で感じた。

 

 ホテルに入って初めはちょっとおしゃべりして、

こっち来てって鏡の前に立たされた。

超真顔で

「これからBDSMの世界で俺のコントロール下になるように」って言われて

ナニコレ( ゚Д゚)ってびびってたら、「痛いことはせーへんから」って彼が笑って、私も笑った。

 

気づいたら彼の柔らかい唇で唇を塞がれてて、

SMの人ってめちゃハードなキスするイメージやのに

こんなソフトな優しいキスってちょっと意外で。

とろけそうな優しいキスでまだあった最後の緊張がほぐれて、

もうなんも心配せんと、

全てのことを感じようって

私の官能のスイッチが入った。

 

 体験2へ続く↓ ↓ ↓ ↓

SM初♡体験2 - Falling deeply in love with myself 💖 最愛の自分と恋に落ちる

f:id:mayumi-diary:20190702214705j:plain

 

 

 #初SM #変態 #セックス

#BDSM #ドM #縛られたい願望 #官能スイッチ